2019年

9月

16日

スイングのどこを見るか

女子プロ選手権が終わりました。

 

畑岡選手の圧勝という感じでしたね。

 

女子プロ協会のページに今回の選手権の1Hティーショット動画があります。このような企画は素晴らしいと思います。

 

一人一人のスイングをすべて拝見しました。

 

この動画はスライドバーがついていてこれをドラッグして前後すると非常に詳細まで読み取ることができます。

 

私がどこを見てるかお話しします。

 

① まず全体の流れを見ます

 

② スライドバーをドラッグしてバックスイングの始まりを見ます。

 アドレスの静の状態からバックスイングの動の状態に移るきっかけのパワーフローをスライドバーを往復させて観ます。

 

アドレス状態から上体を起こす人、逆に沈む人、右サイドを後方へ引こうとする人、左サイドを押し込もうとする人、動きの大きい人、小さい人…など 人それぞれです。

 

③ 続いてバックスイングからダウンスイングに切り替わるところの力の流れを見ます。

 ドラッグしたスライドバーを小さく残後させると小さな力の動きが読み取れます

 

④ 最後に切り返した後フェースをリリースし始める瞬間のパワーフローをやはりスライドバーを前後させて観ます。

 ここはなかなか見にくいと思います。

大半の方は③で力を出しますから。そうするとおのずと④が早くなります。

 

ゴルフフィッティングで大切にしているのはそこです。

 

スイングにおける力の流れそしてフローの切り替わりでどういう動作をしているかがとても大切です。この動作にシャフトのしなりしなり戻りが関係しています。

 

そのポイントに着眼できるようになるとかなりの飛ばし屋になれると思います。