昨日のゴルフフィッティングでのこと

昨日ゴルフフィッティングにいらしたNさん。

 

ゴルフ歴20年(途中中断ありトータルでは30年以上かも)HDP20くらい、レッスン経験多数あり。という熱心なゴルファーでした。

 

ZEROのゴルフフィッティングで使う4本のクラブを打っていただきましたがどれを打っても特別差が感じられないとのこと。

 

ご本人は何か差を感じないとと思ってらっしゃるようですが、実はこういう方は非常に多いのではないかと思います。

 

そして軽いクラブは振りやすい、柔らかいシャフトのついたクラブは曲がってしまうとの先入観があるようです(そういう知識をどこかで得たのかもしれません)

 

硬いバットのような練習器具で素振りをしてフィッティングをスタートしたので、3Sのチューブでスイングしていただき、まず自分のクラブで打って頂きました。

 

そのあとで「ボールを捕まえる」というキーワードを問診の時お聞きしたので4本の試打クラブを試していただくとき「ボールを捕まえる」という動きで打ってみて下さいと言いました。

 

すると、はっきりと振りやすさの差がわかりましたし、インパクトデータでもはっきりと差が出ました。

 

モノサシが無かったのです。

 

その人にとって基準となるモノサシは色々ですがテーマを提示してさしあげるとやるべき動作と振りやすい道具が一致してはっきりとします。

 

ZEROのゴルフフィッティングはこのようにモノサシが決まっていない方にはモノサシ作り、モノサシが決まっている方にはそれに合った道具はこのような感じのするクラブが最適であるとご提示することが可能です。